賢い更年期障害の対策方法|医療機関で予防ガイド

上手に乗り越えましょう

女性看護師

食生活を見直しましょう

突然のぼせて大量の汗をかく、何もやる気にならない、理由もなくいらいらする、眠れないなど、更年期障害の症状は人それぞれ様々です。その要因の1つは、女性ホルモンの減少にあります。女性ホルモンとは卵巣から分泌され妊娠、出産という大仕事を成し遂げるために大切な働きをするホルモンです。女性ホルモンは一生分泌されるわけではなく、20代にピークを迎えると、30代後半からは減り始め、40代から50代にかけて急激に減少します。そうなると、それまで様々な健康トラブルから身体を守ってくれていた女性ホルモンの機能が低下します。それが更年期障害を引き起こす要因になるのです。 更年期障害の対策として大切なことは、女性ホルモン減少の速度を少しでも緩やかにすることです。更年期障害対策で注目されているのが女性ホルモンの1種、エストロゲンというホルモンです。エストロゲンの分泌を助け女性ホルモンの減少を遅らせるためには、毎日の食事に注意することが必要です。バランスの良い食事を1日3度摂り、イソフラボンやビタミンE、ビタミンB6、コレステロールを無理なく食事に取り入れ日ごろから対策しましょう。

できることから始めよう

更年期障害は、卵巣機能の低下の他に、それぞれの生活習慣や体質、性格なども要因になります。人によって症状や度合い、不調になる頻度やタイミングは異なります。最近は20代や30代から更年期のような症状を訴える、プチ更年期になる女性が増えています。これらの症状は健康食品や普段の食生活で解決出来る場合もありますが、人によって長期化する可能性もあるので、早めに医療機関を訪れるようにしましょう。更年期障害は精神的なものが身体的症状に発展していることもあるので、心療内科で対策や解決が出来るケースもあります。また女性に発症することがほとんどなので、婦人科で対応していることもあります。通院する可能性も示唆して、自宅近くや通いやすい場所を選びましょう。

誰でも発症することがある

頭を抱える女性

更年期障害は誰でも発症するからこそ、どんな症状があるのか把握しておくことが大切です。症状が現れたら早急に女性は婦人科、男性は内科を受診することをお勧めします。早急に対策をすることによって、症状を緩和させることができるからです。

More…

更年期に起きる様々な症状

カウンセリング

更年期障害は中年期に発症しやすい障害です。最近ではホルモン治療などの適切な治療が行われるようになっているので気になる症状を気軽に解消する事が出来ます。また、生活習慣の見直しで症状が改善される事もあるので適切な生活習慣を心がけましょう。

More…

女性の更年期

下を向く女性

更年期障害は20代から30代の若い年齢で発症することもあります。このような場合は主にストレスなどが原因です。早めに対策を講じることが、スムーズに改善するためのコツとなります。腸内細菌のタイプを調べてイソフラボンの活用率を把握しておけば、サプリメントを服用する際にも便利です。

More…